スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
CELI BEE


ゲテモノ・デスコの「恋するマッチョ」で有名なセリ・ビーのプエルトリコで活躍していた頃の映像を発見して狂喜乱舞してます。

とにかくイメージが180度違います。

この人はゴテゴテメイクのオカマ風ディスコ・クイーンなイメージでしたが、本来は正統派なバラード・シンガーだったんですね。プエルトリコでは大スターだったとはウワサに聞いていましたが、なるほどと思いました。凄く歌は上手いし、ルックスも清楚でお美しい。

アルバムを聴くとかなり美しいバラードが数曲入っていて、「この人、単なるディスコ・シンガーじゃないなあ」と思わせる表現力とか実力を感じさせる凄味があったので、もしかしたら、とは思っていたのですが、ビンゴでしたね。





ディスコ・クイーンの頃はかなり大胆にイメチェンしていたわけですな。
ディスコ時代は彼女にとって第2次絶頂期でCMにまで出ちゃう程の人気者に。
何気にCM曲が良い曲だったりします。

スポンサーサイト
[2009/11/30 00:20 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(1)
ALEC R. COSTANDINOS
1338561414_189.jpg1338561414_117.jpg


最近、アレック・R・コスタンディノスにハマってます。

クラシカルなミュージカル風ディスコの傑作を大量に生み出した人ですな。
「ロミオ&ジュリエット」は有名ですよね。

この人のアルバムって、とにかく全てがストーリー仕立て。
んでもって必ずLPの片面すべて使って一曲の組曲スタイル。
もー芸術作品ですね。こりゃ。

「ノートルダムの鐘」とか「ゴールデン・ティアーズ」とか「星のオルフェウス」とか。
個人的には「星のオルフェウス」がお気に入り。

殆ど一曲20分近いけど、不思議とぶっ続けで聴ける。
そこがこの人のスゴイところでしょうな。
まー、踊るのにはあんまり向かないけどね。

で、今日は先月買いそびれた「ノートルダムの鐘」を買いに渋谷のレコ屋へ。

前回は購買意欲のわかないジャケットと予算の都合で買うのをやめたんだけど、後で某所で
聞かせてもらったところ、スゴク良かったので、ゲットしなきゃと思っていたのです。

1ヶ月も経つのに売れ残っていたので、即買い。
そりゃあんなミャージカルなジャケットじゃ誰も買わないだろー、と思ってたら誰も買ってなかった。

買わなかった方々、ありがとう~笑

↓オススメ↓
■LOVE & KISSES / YOU MUST BE LOVE (1979)


■ALEC R. COSTANDINOS / WINGS OF CHANGE (1979)

日本のアニメ映画のためによくここまで作ってくれたなあ、と思う。

■SUMERIA / GOLDEN TEARS (1978)

[2009/11/16 01:47 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
MOMOE DISCO
たまーに百恵を聞きます。
LPに良い曲がハンパなく多いんですよ。マジで。

どうもシングルが必ずヒットすることを良い事に、LPでは好き放題に実験しまくっていたらしい。
おかげでディスコやソウル、ファンク、ロック、さらにはレゲエまでやってる意外性が面白い事になってます。わかる人はわかりますよね??

百恵のディスコ曲だけでアルバム一枚作れるので、いつかは是非ともコンピを作らせて欲しいなあ、なんてひそかに思っているのです。。。笑


■いま目覚めた子供のように (1976)
アールヤング風の飛び跳ねるドラミングがたまらないラテン・ハッスル調のディスコ・ナンバー。作曲した方の話ではフィリー・ソウルやラテンを意識してメロとアレンジから作った曲だとか。


■嘆きのサブウェイ
聴けばわかるがとにかくクールなアップテンポのディスコ・ナンバー。いきなりドラムとコンガのブレイクから始まるわ、シンセベースが絡むわ、16分打ちするハイハットとか、1976年の歌謡曲のアレンジじゃないです。これは。


■ダンシング・スターシャイン
アースウィンド&ファイアー風のゴージャスなディスコ。歌詞も踊る事をテーマにしているので、まさに完全なディスコ・ナンバー。王道王道。


■たそがれ祭り (1978)
庄野真代を思わせるサンバのリズムを取り入れたラテン・タッチのディスコ歌謡。


■横須賀サンセット・サンライズ
人によっては「え?」って感じかもだけど、ミディアム・テンポのかなりグルーヴィーな曲かと。
「今 地平線に沈む陽は 明日の朝も昇りますね」とか「秒針のない砂時計逆さまにしただけの短い季節」とか、印象的な歌詞が連発。


■鏡の中のある日 (1977)
これはディスコではなく、いわゆる「メロウ・グルーヴ」ってヤツですか。
名曲。
[2009/09/01 20:30 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
BACK TO MUSIC / T-GROOVE DISCO MIX 3
■BACK TO MUSIC / T-GROOVE DISCO MIX 3


通勤用に作ったミックスです。
個人的に作ったものなのでゴマカシもかなりありますが(汗)
今回は12インチやLPからのアップテンポの曲で構成しています。
結構楽しめる内容かと思うので聴いて見てください。

Track List

01 Theo Vaness / Back To Music (1978) Prelude
02 Asha Puthli / I'm Gonna Dance (1978) TK/Dash
03 Evelyn Thomas / Summer On The Beach (1986) (Rec. 1979) Nightmare
04 Candido / Thousand Fingered Man (1979) Salsoul
05 Loose Joints / Is It All Over My Face? (1980) West End
06 Crystal Disco Band / Nuclear Night (1979) Mechanic Sound
07 Francine Mcghee / Delirium (1977) RCA
08 Fever / Beat Of The Night (1979) Fantasy
09 Azymuth / Jazz Carnival (1979) Milestone
10 Best Friend Around / It's So Good To Know (1978) Lonnie
11 Jimmy Roma / Beyond The Galaxy (1978) Virtue
12 Jimmy Sabater / To Be With You (1976) Salsa
13 Luv You Madly Orchestra / Rocket Rock (1978) Salsoul
14 Dynamic Superiors / Nowhere To Run (1977) Motown
15 Kim Taylor / Stomp Your Feet & Dance (1978) Queen Constance
16 Nitelife Unlimited / Dance, Freak & Boogie (1979) Casablanca
17 Sparkle / Disco Madness (1979) Jam Sessions
18 Loleatta Holloway / Catch Me On The Rebound (1978) Gold Mind
[2009/08/01 02:17 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
Tara Schaft & Black Diamond / New York City Dream (1978)
090724_2001~0001

Tara Schaft & Black DiamondのLP。

ちょっとお値段が張ったのですが、ずっと欲しかったので買ってしまいました。
カナダ盤が5000円から10000円前後でユニオンとかで売られているのは良く見かけるのですが、これはオリジナルの貴重なフランス盤でございます。

この中に入ってる「New York City Dream」が激ヤバでして。
コンガはポコポコいいまくりだし、ベースラインはノリノリ。
「ニューヨーク、ニューヨーク」ってコーラスが気分を上げてくれます。
あんまりフランス産な感じがしないです。

[2009/07/25 00:36 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。